SHINJI HOUSE -夢をもってね-

HOME > 香川真司の想い


香川真司の想い

夢をもってほしい

今でも僕には夢があります。
信じてチャレンジを続ければいつか叶うと信じています。
そんな夢を昔から持っていました。
叶うかわからない。それが夢かもしれません。

でも夢を目標にして、チャレンジする事が一番大事だと思います。
スポーツをする上でも、生きていく上でも、必ず必要な事だと思います。
そんな夢を子供たちにも、大人の方にももって日々生活をしていってほしいです。

家族のふれあいをもってほしい

僕は小さな頃、兵庫県に家族と住んでいました。
家の前にある小さな公園でいつもサッカーボールを蹴っていました。

夕食の時間になるとマンションの上の方から、母親からのご飯だよ!
という声を聞き、いつも走って家に帰るそんな生活でした。
そんな家族と幼少期に一緒にスポーツを教えてもらい、一緒に公園で遊んでもらったからこそ、サッカー選手になれた自分がいます。

僕からのお願いがあります。
ぜひ子供との時間を少しでも増やし、子供達と一緒に夢を持ってください。

サッカーでも野球でもラグビーでも、子供と一緒にスポーツをする事で一緒に汗をかき一生の思い出を作ってください!!
そんな時間をSHINJI HOUSEに来ていただいたご家族の皆さんには感じてほしいと思っています。

感謝の気持ちをもってほしい

「感謝の気持ちを持ちなさい。いろんな人に支えてもらってサッカーができているんだから、それを忘れないように」
僕が小学生の頃からずっとおばあちゃんに言われていた言葉です。

この言葉の意味がわかるようになったのは物心ついた頃でした。
家族であり、指導者であり、友達であり今の自分があるのは
僕に関係してくださった皆さんのおかげです。
今もサッカーをする上で スタッフや関係者がいるから僕は色々な事にチャレンジ出来ています。
ぜひ子供たちに家族の会話の中で伝えていただいてほしいです。

真司のFootball Clinic
家族ストレッチ講座
大人の体幹講座